Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

ナポリからカプリ島ノープランの旅

野宿しかけた(https://www.jeshima.work/entry/2019/09/19/054221)次の日

 

青の洞窟を目当てにカプリ島を目指す。

f:id:talkovercoffee:20190922025145j:plain

カプリ島の港;マリーナグランデ

 

ナポリのフェリー乗り場には複数社の窓口があり、

高速線か否かで値段や所要時間が違う・・までは聞いていたけど、どれがどれか分からない。

 

各社の差を調べようにもWifiがないので(大きな玄関口なのに!)

とりあえずカプリと書かれていて、人が一番並んでいるところに並ぶ(笑)

 

結局私が利用したのはSNAVで、往復の料金は42€。

時間帯によって価格が異なるようなので参考程度に。

 

9時過ぎに出航して、10時にはカプリ島へ到着!

・・・したけど、まずどこに向かえばいいのかすら分からない。

 

 

インフォメーションセンターに出向くも、

係員のオバちゃんは『English? OK.(地図を渡す) Bye-Bye! 』だけで対応終了。

 

私  「バスで行きたいんだけど、バス停は?」

おばちゃん(こっちを見もしない) 『すぐそこの角を曲がって!右ね!』

 

ありがたい案内をもらい(皮肉) 右に行くと、確かに人の列を見つける。

アナカプリ行きの方に並ぶとすぐにガイドっぽい感じの女性に話しかけられた。

 

女性 『この列だとバス2台は待たないといけないわよ。列をカットしたくない?』

聞くと4€(バスの運賃の2倍)で、ミニバスでアナカプリまで連れていってくれるらしい。私はおとなしく待つ方を選んだけれど。

※バスは2€だけど、車内で支払うと2.5€

 

 

とにかく細い坂道を、スレスレで対向車とすれ違いながら登っていくこと20分強

アナカプリの中心地から1個先のバス停で乗り換える。

f:id:talkovercoffee:20190922031201j:plain

白壁の路地が可愛いアナカプリの街

たまたま話した女性が島に住んでいる(英語も話す)人で、私に乗り換えるべきバス停を教えてくれたけど。

彼女と話してなかったら無事に辿りつけたかすら怪しい!

 

 

11時過ぎにGrotta Azzurra行きのバスに乗り換えて20分強。(本当に歩かなくて良かった・・・)

 

 

洞窟内へは小舟で入るので(3,4人で乗る)これを船からと陸からとで待つ。

私が陸組の列に並んだのが11:30ごろ。ちょうど1時間くらい待った。

f:id:talkovercoffee:20190922032023j:plain

50人以上が並んでいた

 

船組は波に揺られながら炎天下で順番待ち、自分が終わった後も乗り合わせた人たちみんなが終わるのも待つ・・・。

 

よっぽど海の上にいるのが好きな人は別として、陸から行くルートの方が良いかと。知らんけど。(責任放棄)

 

f:id:talkovercoffee:20190922032244j:plain

これだけの船が順番待ち

 

順番を待っている間に、前に並んでいた人と話していると

彼らは朝イチにも洞窟に来ていて、今朝は波が高くて閉まっていたそう。

 

 

当然のように順番を待っていたけれど、運が良かったことに心から感謝。

 

これが見たくてカプリ島にまで来て、開いていなかったら最悪よ・・・。

 

 

それだけ待って入った洞窟内の美しさは、想像以上に素晴らしいもの。

f:id:talkovercoffee:20190922033155j:plain

 

内部での滞在時間は5分にも満たない時間で、

カメラの設定を変えつつ真剣に写真と動画とを撮ろうとしているところに

船頭のおじさんが話しかけてくるのが玉に瑕だったけど(笑)

 

サービス精神旺盛に美声を轟かせて歌ってくれたけど、

放っといてくれるのが最高のサービスと感じる人間もいます。私です。

 

 

メインイベントが13時には終わったので、あとは街歩き。

お店は割とあるけれど、どこも売っている物は同じ。安っぽいつくりで高い。

食べ物も飲み物も高いので、最小限に抑えてナポリで食べることに。

 

 

港の前でフリーマーケットのようにして売っていた、靴下3足セット2€が私の唯一の買い物(笑)

 

 

そんな調子で、4時にはナポリに戻る準備ができた。

 

ダメ元でチケット売り場のお兄さんに聞いてみると(冒頭で書いたように、便の時間帯で値段が違うので)

意外とすんなり、少し高い5時の便に乗ってOKと許しをもらえたので早めに退散。

 

やはり何事も言ってみるものですね。