Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

Why you are here?

f:id:talkovercoffee:20190920052625j:plain

why you are here?

 

これがオリエンテーションの冒頭で、私たちに投げかけられた言葉だった。

 

「仕事を得るため?違うでしょう。ここに座っているあなた達なら、仕事はすぐに見つかるはず。

 

テストや面接もあるし、自分の落ち着いている場所を抜け出して新たな世界に飛び込むには、勇気も労力も要る。

 

それでもあなた達は今ここに座っている。なぜですか?」

 

 

シンプルながら、深い質問。

 

 

私の現段階での答えは

自分に何ができるのか、人生で何をしたいのか を探すため。

 

 

 

振り返ってみると、小学校から大学を卒業、就職するまで

習い事や部活、テストや入学試験など、常に “目の前のこと” しか見えていなかった。

 

 

 

就職活動を経験して、初めて将来に目を向けたけれど。

 

『勤務地は、東京か大阪/京都か福岡だな~。

英語使いたいし、国際的な会社がいい。

でもブラックは無理だから、年間休日と残業時間はマストでチェックしないと。

 

で、良い会社に就職して、結婚して子どもを持って・・

趣味の旅行には、年に2,3回行けたらいいな~・・・』

 

とかいうライフプランを考えることが「将来を考える」ことだと思っていた。

 

 

f:id:talkovercoffee:20190920052750j:plain

いつか自分のビジネスを持ちたいし、世界中を飛び回るような生活がしたい。

本を出したり、講演したり 出来たらいいな・・・。

 

 

そんな野望を持ちながら、

8時   出社; コーヒーを飲みながらメールをチェック

10時  “問題っぽいもの”について会議

14時  “表敬訪問”という名の、世間話大会

  ~なんやかんや~

17時  退社           という日々を送っていた。(誇張あり)

 

 

今後のニーズも見込まれる業界で、ホワイトで有名な一流企業。

黙っていれば一生勤められるような会社だけれど、

ここで50歳60歳まで働いている自分を想像したときに

私が望んでいる将来はこれじゃない!!!!!   と思った。

 

 

 

じゃあ何がしたいのか。

外資系に転職?何のスキルも持ってないのに? 海外に行ける?どこに行ける?

 

起業?誰と?どうやって?

 

そんな全てを、働きながら考えられるほど器用ではなかった。

 

 

 

本来であれば、こういうことを大学で考え、

インターンシップや学生団体に参加して色々な経験を積んでおくべきだった。

学生という免罪符を利用してリスクをとり、失敗をしておくべきだった。

 

しかしそれは、一社会人として働いてみたからこそ分かったこと。

 

ビジネスマナーを含め、日本でのビジネスがどのように動くのか。

伝統的で保守的な日本企業が、いかに肌に合わないか  (笑)

 

それは経験しなければ分からなかった。

 

 

そしてこれからの一年間は、

社会を、特に日本社会を見た目で、自分のこれからを考えたい。

 

 

自分に何ができて、人生で何をしたいのか。

 

それを探すために、私は今ここにいるのです。

f:id:talkovercoffee:20190920053155j:plain