Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

マルセイユで待っていたもの

来る前には何となく「治安が悪い」程度の知識しかなかったマルセイユ。

ここでの生活が始まって色々散策してみて、想像以上の良さに日々感動しています。

 

歴史を感じる街並みもあれば

f:id:talkovercoffee:20190908031214j:plain

 

その向こうには海があって

f:id:talkovercoffee:20190908032638j:plain

 

ちょっと山を登れば

はちゃめちゃ綺麗な海もあります。

f:id:talkovercoffee:20190908031452j:plain

 

 

留学生は口をそろえて「過小評価されている」と言いますが、本当にその通り。

圧倒的に晴れの日が多いし、温かい。

 

f:id:talkovercoffee:20190908014603j:plain

夏の期間は日も長く、18時を過ぎても泳いでいる人がいるほど。

 

 

ここまで見て、興味がわいた方へ交通手段についても解説しておきます。

 

空港から市街への移動は

・最寄の駅までシャトルバスを使って、セントチャールズ駅まで電車で行く方法

・近くのバス停からセントチャールズ駅行きのバスに乗る方法

 

バス一本の方が簡単だと思ったのでチケット売り場にてSt.Charlesまでと告げると、

 

「今いくつ?」

 

('ω')

 

(恐る恐る)「25歳・・」 と答えると、じゃあ8€ね!と。 (通常10€)

 

 

フランス最高かよ。ありがとう!

 

まだ新品のにおいの残る車内でマルセイユ市街へ。

わくわくニヤニヤしながら外を見ていたのは私だけでしょうね・・・。

 

 

St.Charlesまで着くと、今度は地下鉄(Metro)に乗り換える。

料金は一律で1回なら2€で2回券や10回券、時間内は無制限など、ラインナップは沢山。

 

 

現地での携帯電話がないのが本当に困るため、まずはこれをGETしに行く。

(詳細はこちら⇒https://www.jeshima.work/entry/2019/08/27/040545

 

街中で、フランスパンを片手に歩く人を見かけて(“片手に”の次元が違う)

f:id:talkovercoffee:20190827050343j:plain

あぁ、フランスにやって来たんだなぁ・・・としみじみ。

 

 

 

 

 

ついでに、フランス生活の日記用のノートやらタオルやらこまごましたものを購入。

HEMA という、プチプラを売りにしたお店に行ったのだけど

こんな、なんてことないノートが300円?!このかごは500円すんの!?

こういう時に、日本の100均のすばらしさを痛感します・・・。

 

 

 その後。

せっかく最初の夜だから、港のオープンカフェで夕ご飯でも食べよう!

と、なにも考えずに座ったはいいのだけれど。

f:id:talkovercoffee:20190827050228j:plain

 

前菜プレート15€ メインプレート19€~

って、どれも高すぎない・・?

 

妙にケチって、最初の夜にも関わらず

サーモンのマリネwith野菜 (完全なる前菜)と水のみ注文。

前回のパリ旅の反省で、タップウォーターを頼んだはずなのに!

結局ボトルが出てきて5€無駄な出費・・・('ω')

 

“パリの反省で” 言うたやん。何をぬかぬかと復習しとんの私は・・・。

 

早くこれを避ける術を学ばなくては。