Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

日本イチCOOLなお寺;神勝寺

f:id:talkovercoffee:20190809164914j:plain

浮いた舟のような "洸庭"

広島県東部、JR福山駅からバスに揺られること20分強。

臨済宗建仁寺派 神勝寺 に到着する。

 

初めてこの写真を目にした瞬間から、絶対に行きたいと思っていた場所 -禅と庭のミュージアム-

 

人里離れた山の中で、ネットで見ていたとおりの粋な「舟」を目にして、自然と心も踊る。

 

 

禅を身近に——。

知識で頭でっかちになるのではなく、まずは五感を使って感じること。

冒頭の洸庭は、それをコンセプトに作られたアートパビリオン。

 

 

派手なパフォーマンスや音楽、解説は全く無い。

どこまでも続く闇と、微かな光。そこに佇むちっぽけな自分。

 

感じるもの、思うことは人それぞれかと思うが、

私の場合は「涅槃」「孤独」「空腹」だった。(お昼ご飯抜いたから)

 

完全に明るくなることもなければ、絵や図が出てくるわけでもない。

何も知らなかった私は、少しモヤっとしてしまったが

展示内容を知った今、もう一度鑑賞したい。ご飯を食べてから。

 

 

f:id:talkovercoffee:20190813101123j:plain

別世界への入口

1回が25分間の展示のため、入場は30分ごと。(初回は9時半)

定員が20名前後なので団体客がいると次の展示まで待つ恐れもある。

 

展示室内はかなりの暗闇で、各自にペンライトが渡されてベンチに座る。 

 

 

25分間、暗闇と無音の中で微かな光を見つめていると、様々な気持ちが湧き出す。

 

じめっとした地下室で「あの人」と戦うハリーポッターの気持ちになったり、戦国時代に池のほとりで走り回る人々を見ている気分になったり。

生きること、死ぬことを考えたりご飯のことを考えたり。

何を感じるのが正解 などいうことはない。全てを許された気持ちがした。

 

 

 

 

さて、洸庭のインパクトはすごいが、神勝寺の見どころはここだけではない。

 

 

f:id:talkovercoffee:20190809165747j:plain

奥に見える宝塔も良い。

事務局兼売店である松堂。拝観料の支払いもこちらで。

モダンでありながら親しみやすい、細部までこだわりを感じる造り。

中には小さなショップがあり、禅についての各書籍や御朱印帳/ポストカード等を販売していた。

 

f:id:talkovercoffee:20190813103919j:plain

荘厳堂の禅画展示はモダンでおしゃれ

 

次に、本堂横にある荘厳堂。新勝寺で所蔵する白隠作品を、入れ替えつつ常設展示を行っている。

光と空間の使い方が絶妙。

国技館のような見た目からは想像もつかない、粋な空間。

クーラーが効いていてマジやべぇので、それだけでも行く価値がある。

出口に飲み物を置く売店があり、セルフでお茶をいただけた。

 

f:id:talkovercoffee:20190813105434j:plain

含空院からの眺めは至高

次に含空院。ここでは昼食の湯豆腐や、煎茶セット/かき氷(夏季のみ) が楽しめる。

ここも16度くらいのクーラーがついていたので、最高のコンディションで美しい庭を鑑賞できる。

注文をしていない私にも『涼んで行ってください』と冷たいお茶まで出していただける、優しい空間。

 

f:id:talkovercoffee:20190813105857j:plain

木船と蓮と太鼓橋

また、含空院の横には浴室があるのだが、写真で見る限りえげつない。

今回は断念したけれど、次回は絶対に行きたい。

 

 

まだまだ伝えられていない魅力もある新勝寺。

本当に素敵な空間に出会えるため、是非とも足を運んでいただきたい。

 

◆アクセス(バス利用) ※全て2019年8月時点

JR福山駅前のバス乗り場(6番)より20分強。

1日に4便しかないため、新幹線の到着時間は要確認。570円。

また、新勝寺から福山駅行きも同様だが“山南農協前”からであれば1時間に

本あり。30分強。

受付にてお願いすれば、山南農協前までは車で送っていただける。

私は尾道に行く予定だったので松永駅行きに乗るべく、みろくの里入口までお願いした。

 

 

◆料金

拝観料1200円。  決して安いものではないが、価値はあると思う。

新勝寺うどん1200円、湯豆腐1500円、茶席や入浴は各800円でセット割等あり。

お寺の周囲には、他に飲食できる施設/売店はないため、費用を抑えたい方は持参すること!

 

参考サイト:

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1803/

 

Written by JES

2019.08.13