Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

フランスVISAの取得に失敗した話

進学先の学校を決めたら(https://www.jeshima.work/entry/2019/06/16/225006

学校との入学手続きを行う。

※ これがめちゃくちゃ分かりにくくて大いに手間取った!

その手続きと並行して、キャンパスフランスへの手続きも行う。

 

さらっと書いたけど、このキャンパスフランスへの手続きが必要ということすら

気付くのに1か月くらいかかった(笑)

 

 

学校からの受け入れ許可証をアップロードしたり、ほかの必要情報を入れたり。

こちらの提出が終わると内容がチェックされ、いよいよVISAの申請日予約ができるようになる。

 

2019年7月現在の状況では、

受付は平日の9:30~11:30だけ予約が必須

東京都港区の広尾まで本人が行かなくてはなりません。

 

 

 

6月某日、九州からはるばる東京へ。

 

f:id:talkovercoffee:20190728144945j:plain

TOKYO

マイルを使ったので実質の出費は無いんだけど。留学前で非常にお金がないので辛い。

 

 

キャンパスフランスの面接は京都で受けたので、大使館を訪ねるのは初めて。

電車なら広尾駅から徒歩8分程度、

バスなら 品川駅から「光林寺前」もしくは目黒駅から「天現寺前」へ。

 国の権威である大使館の割に、アクセスは悪いのね・・・。

 

 

着いたらパスポート、予約表の提出に手荷物のチェックに

空港でよくやる金属探知機に・・本当に厳重警備。

 

 

一旦入館した後に「提出書類は全てコピーをとって原本と共に提出」との張り紙を見て

学校の成績証明書類のコピーをとっていなかったことを思い出して

雨の中コンビニまで走る。受付30分前に問到着してて良かった・・・。

 

 

コピーを握りしめて大使館に戻ってきても、再度荷物チェックされます。 

再入場だなんて関係ありません。皆さん、お気をつけください。

 

 

 海外空港の税関のように、透明ガラスを隔ててマイクでのやりとりなので

静まりかえったロビーには3つの窓口全ての会話が大方聞こえる。

 

やがて名前が呼ばれ、提出書類を渡す。

 

 

と、

 

『これ全部いらない書類です。』 とバッサリと一言。

 

 

瞬間に私の時間が止まる。

 

 

 

『はァ・・・。提出書類のチェック表を出して。』

 

 

チェック表・・?ッテナニ・・・・・?

 

 

『え、どうやって書類用意したの?うちのホームページ見ましたか?キャンパスフランスじゃないですよ。』

 

エッ・・ドウヤッテ・・・。

 

ナンノコト・・・。 

 

や、思い当たる節はある。VISA申請の予約をした時に、

―――必要書類を全てご用意ください。

不足したものについては提出の意志がなかったものとみなします。—――  っていう文字は見た。

 

 

確かに思ったよ。

その必要書類ってなんなのよ? って。

 

予約ページをくまなく5回は読み直したけど、リンクは全て予約の操作方法その他についてばかりで、どこにもその書類についての記載がなかった。

 

 

なかったから

「・・ま、いいや。キャンパスフランスに提出したやつの原本持って行きゃ良んだろ。」なんて思ってしまって。

 

 

その書類たち(成績証明書、CV、志望動機、TOEICスコア 等々)を握りしめて大使館までのこのこやって来た。

 

 

違ったんだ。  どこかに、載っていたんだ・・・・。

なんで来る前にもっと真剣に探さなかったんだろう・・・・。

 

なんやかんや上手く進んできたから、今回も何とかなる!なんて、甘かった。

 

 

「見たつもりになっていました。すみません。」謝る以外 何もできなかった。

 

 

『仕方ないですね。チェック表はうちで出してあげますけど。それだと今日は手続きできないですよ。』

 

 

心のどこかで、救済措置を受けられるだろうと思っていたので 

もう頭が真っ白になってしまった状態で“提出書類リスト”なるものを眺める。

 

 

 

けれど、(今日は手続きが出来ない・・・東京まで来たのに・・・。)

という考えがこだまするだけで、何も頭に入らず。

 

 

 

 

取り付く島もないので、しょんぼりと大使館を辞した。

 

 

駅に向かって歩きながらどれだけ後悔したか分からない。

 

いやもうマジかアホ過ぎない?

  

 

マイルも使い果たしてしまったし、

また往復何万円も払ってこれだけのために東京へ・・・・。

 

 

まぁ、もう仕方がない。自分が悪い。

 

かくなる上は、一刻も早く航空券を予約して、VISA申請予約をとり直して・・・。

 

 

 と検索してビックリ。

 

 予約カレンダーは灰色ばかりで、次の最短予約可能日は7月の末。一か月後。

 

 VISA関連の書類にはしつこいほど

“申請は出発の3週間前までに。2週間を切っている場合、出発後に云々——”と記載がある。 

 

こちら8月15日の出発の飛行機は予約済み。 

 

 

学校自体は9月開始なのでnot the end of the world  とはいえ

到底このショックから立ち直れなかった(笑)自業自得だけど。

 

 

“浮かれるな!” と喝を入れられた一件でした。 ありがたや。

 

Written by JES

2019.06.29 

Edit  2019.07.28