Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

ビジネススクールの面接でディナーに誘われた話

4月16日

とんでもない失態をした私にセカンドチャンスをくれたMBS (Mntpellier Business School)

(過去記事はこちら https://www.jeshima.work/entry/2019/04/16/190422 )

 

今回こそは、とレンタルオフィスを借り パスポートを持参して面接に挑む。

 

何につけても、1校合格をもらっているだけで緊張が前回の比じゃない。

筆記試験のような場合は気のゆるみにつながるけれど、面接はラクになる。

 

 

17時になり、優しそうな女性の 「コンニチハ~」 から始まる、なんとも和やかな雰囲気。

 

 

まず最初にきたのが「なぜフランスなのか、なぜMBSなのか」

(前回反省して考え直してて良かった~。)

 

そして「あなたの職歴は申し分ないのだけれど、どうして学生に戻りたいの?」と。

自分の職歴(メーカーで2年間働いただけ)には自信がなかったので素直に驚いた。

聞くと、他の志願者には2か月だの半年だのいるらしい。

 

他には

「自分の国について変えるべきだと思うこと」

「仕事をする中でうまくいかなかったこと、それから学んだこと」

「勤め先に学校側から『志願者はどんな人か?』と聞いたら、なんと答えると思うか」

といった質問が続いた。

 

 

最後まで和やかに、面接が終了。

学校を下見しようと考えている旨を伝えると、案内する!ディナーでも連れていくわ!とありがたいお言葉。

 

冒頭の発言によって、

周りの生徒のレベルがあまり高くないかもしれない・・・と不安になったが、

このフレンドリーさはかなり魅力的。

 

 

 

4月18日 19:17

... We are pleased to annouce that you are admitted in the master of science in International business starting in September 2019.

Due to your outstanding admission results, you have been granted a scholorship of 1000€ ...

 

面接受けた感触から、受かると思っていたけれど10万円の奨学金がいただけるとまでは思わなかった!

アーリーバード適用後のKEDGEより安い・・・。

 

あとは現地で見て、聞いて、決めるだけ^^

チケットもホテルも予約した南仏、

どっちも受かってない なんてことにならなくて良かった~!!!

 

f:id:talkovercoffee:20190418214501j:plain

fly high! -San Diego-

written by JES

2019.04.18