Life is too short to be bored.

Life is too short to be bored.

人生は自分で面白くする。

Why you are here?

f:id:talkovercoffee:20190920052625j:plain

why you are here?

 

これがオリエンテーションの冒頭で、私たちに投げかけられた言葉だった。

 

「仕事を得るため?違うでしょう。ここに座っているあなた達なら、仕事はすぐに見つかるはず。

 

テストや面接もあるし、自分の落ち着いている場所を抜け出して新たな世界に飛び込むには、勇気も労力も要る。

 

それでもあなた達は今ここに座っている。なぜですか?」

 

 

シンプルながら、深い質問。

 

 

私の現段階での答えは

自分に何ができるのか、人生で何をしたいのか を探すため。

 

 

 

振り返ってみると、小学校から大学を卒業、就職するまで

習い事や部活、テストや入学試験など、常に “目の前のこと” しか見えていなかった。

 

 

 

就職活動を経験して、初めて将来に目を向けたけれど。

 

『勤務地は、東京か大阪/京都か福岡だな~。

英語使いたいし、国際的な会社がいい。

でもブラックは無理だから、年間休日と残業時間はマストでチェックしないと。

 

で、良い会社に就職して、結婚して子どもを持って・・

趣味の旅行には、年に2,3回行けたらいいな~・・・』

 

とかいうライフプランを考えることが「将来を考える」ことだと思っていた。

 

 

f:id:talkovercoffee:20190920052750j:plain

いつか自分のビジネスを持ちたいし、世界中を飛び回るような生活がしたい。

本を出したり、講演したり 出来たらいいな・・・。

 

 

そんな野望を持ちながら、

8時   出社; コーヒーを飲みながらメールをチェック

10時  “問題っぽいもの”について会議

14時  “表敬訪問”という名の、世間話大会

  ~なんやかんや~

17時  退社           という日々を送っていた。(誇張あり)

 

 

今後のニーズも見込まれる業界で、ホワイトで有名な一流企業。

黙っていれば一生勤められるような会社だけれど、

ここで50歳60歳まで働いている自分を想像したときに

私が望んでいる将来はこれじゃない!!!!!   と思った。

 

 

 

じゃあ何がしたいのか。

外資系に転職?何のスキルも持ってないのに? 海外に行ける?どこに行ける?

 

起業?誰と?どうやって?

 

そんな全てを、働きながら考えられるほど器用ではなかった。

 

 

 

本来であれば、こういうことを大学で考え、

インターンシップや学生団体に参加して色々な経験を積んでおくべきだった。

学生という免罪符を利用してリスクをとり、失敗をしておくべきだった。

 

しかしそれは、一社会人として働いてみたからこそ分かったこと。

 

ビジネスマナーを含め、日本でのビジネスがどのように動くのか。

伝統的で保守的な日本企業が、いかに肌に合わないか  (笑)

 

それは経験しなければ分からなかった。

 

 

そしてこれからの一年間は、

社会を、特に日本社会を見た目で、自分のこれからを考えたい。

 

 

自分に何ができて、人生で何をしたいのか。

 

それを探すために、私は今ここにいるのです。

f:id:talkovercoffee:20190920053155j:plain



 

たまには後ろを振り返る。

できるだけ、髪型は日々変化を持たせる。

 

走りに行くときは、違うコースを選ぶ。あまり走らないけど。

 

たまに、そっと左足からズボンを履いてみる。

 

これらは私が安定よりも変化を好む性格ゆえにやっていることだけれど、

どこぞの科学者によると、新しいことをするのは脳に栄養を与えるらしい。

 

だから旅は脳に良いのだと。

 

 

私は暇さえあれば旅に出る人間で、行先は大抵行ったことのない場所。

 

でも今回3年を経て再訪したニューヨークでは、ものごとが少し違って見えた。

 

 

 

f:id:talkovercoffee:20200119035412j:plain

私が初めてNYの地を踏んだのは2016年の8月。

自由の女神像を見たり、ブロードウェイのショーを見たり

タイムズスクエアに立って、最高にワクワクした気持ちで、光るネオンを眺めたり

エンパイアステートビルの展望台から、煌々と光るタイムズスクエアを見下ろしたり。

 

 

王道を全部行った。特に何も考えず。

 

 

今回、3年を経て再び訪れたタイムズスクエア。

f:id:talkovercoffee:20200119035439j:plain

相変わらず活気にあふれていて、歩く観光客たちのうきうきした空気感が伝わってくる。

 

ふと見上げたタイムズスクエアの看板。

ここに映る人たちは、初めて自分がこの看板に載った時、どんな思いだったんだろう?

 

 

その下で、観光客と写真を撮るパフォーマー。

この人たちは、普段どんな人生を送っているのだろう?

 

 

 

自分と、パフォーマーと、看板に映る有名人たち。

 

これらの人生を隔てた要素は何なのだろう?

 

自分はこれから、どこに行きたいのだろう?

 

そんなことを考えながら、タイムズスクエアに佇んでいた。

 

 

 

自分が人生で下してきた決断は、一つ一つは独立したもの感じられる。

 

けれど、大きな視点で見てみると、天の川のように、太くて大きな線として、今の自分に繋がっている。

 

 

今後の自分の人生が、どうなっていくのか。それは誰にも分からない。

 

分からないけれど、自分の向かいたい方向を見失わずにいれば、大きな波としてはそちらの方向へと向かっていく。

 

そう、思う。

 

就職活動という落とし穴

高校受験をやっと終え、一息ついた瞬間につきつけられた質問。

f:id:talkovercoffee:20200118203739j:plain

 

「大学の志望校と学部を記入してください。文系ですか?理系ですか?」

この文理の選択は高校1年生の終わりには決定させられた。

 

この時の衝撃は今でも鮮明に覚えている。

 

何の情報もなし。

世間にどんな大学があるのかすら知らない。

将来自分が何になりたいかもわからない。

 

親は自分が受験をした時代から30年近く経っているので状況をあまり把握していない。

先生は他に手いっぱいというか、助けようという雰囲気が感じられず。

 

 

何も分からないまま最寄の国立大学を志望校として、

文系教科の方が格段にできたので文系を選択。

特に将来のことを考えることもなかった。

 

f:id:talkovercoffee:20200118204435j:plain

 

そうして月日が経ち、高校三年生になった。

やはり「志望校」がなかった私は、とりあえず勉強して、

最終的な試験結果から受ける大学を決めた。

 

そうしてなんとなく入った、同志社大学の英文学科。

 

英語は得意だったけれど、英語の先生になりたかったわけでも、翻訳者になりたかったわけでもない。大学の名前で選んだだけだった。

 

 

大学1年生~3年生は何となく過ぎていった。

すると今度は急に「就職活動」が始まった。

 

「学歴フィルター」という言葉に初めて出会い、

こんなにも大学名が就活に影響するのかと愕然とする。

それ、大学を選ぶ時に教えといてよ、と。

 

 

 

とにかく行きたい会社を探さなければいけない。

・5年後、10年後どうなっていたいか?

・何が好きか、何が嫌いか

・サポート型?リーダー型?チームワーク?個人プレイ?

などというありがちなことから、色々と”分析”をしてみた。

 

 

結局自分の中で出せた軸は

・趣味の旅行ができる休暇&経済力があること

・グローバルな会社

・そこそこの知名度がある会社

・地元の福岡か、大学生活をした京都の会社

という条件だった。

 

 

幸運なことに、無事に選考を通過して、第一希望としていた地元の大企業から内定をいただくことができた。

 

 

ここまで見ると、いかにも恵まれた人の話。

いかにも成功者の話。

 

しかし3年経った今振り返ってみると、改善点はたくさんある。

 

大学選び、大学での過ごし方、仕事選び。

 

それぞれ別の記事にて残しておこうと思う。

 

インバウンドの観光事業に一番大切なもの

今朝起きて、いつも通りコーヒーを淹れようとしたんですよ。

 

f:id:talkovercoffee:20200112203006j:plain

 

そしてふと横に、昨夜作ったお鍋の残りがあるのが目に入ったんです。

冷凍庫にはご飯が入ってるんです。

そうなれば、雑炊を作らない選択肢は無いでしょう。

 

作るでしょう。

 

うまいんです、これが。

 

 

日本人で良かったな~と、思う瞬間の一つです。

 

 

 

これまで二度、海外に中期滞在した中でホームシックを感じた記憶はなく

今回のフランス生活でも、特にそれを感じることはないだろうと思っていました。

 

f:id:talkovercoffee:20200112214437j:plain

 

だってここは私がずっと住みたいと夢みてた場所!

日本に帰りたいか?とんでもない、Noだよ!

 

というくらい余裕ぶっこいてたんです。

 

 

でも5か月経って、折り返しに突入して。

卒業後の方向性に大方の目星がついてきて、

急に日本という存在がそう遠くないものになった途端に、帰りたい気持ちも生まれてきました。

 

そして気付いたのは、ホームシックを感じなかったのではなくて、認めようとしてなかっただけだった、ということでした。

 

 

 

”家族で過ごさなくてはダメ”だったお正月。それがすごくイヤだったその昔。

 

寒い元旦にヒーターの前で自分宛の年賀状を探してはホクホクして

お雑煮を軽くつついて「きら~い」と言っていたあの日々は、

 

ひいては私の幼かった日々は、両親と過ごしたかけがえのない時間は、

もう返ってこないんだなぁ・・と感慨深くなります。

 

f:id:talkovercoffee:20200112205218j:plain



帰ったら絶対親孝行しよう。

結婚する前に、(そもそも結婚できるのかすら危惧してるんですけど)たくさん一緒に旅行にいこう。

 

そう心に決めた朝でした。

 

 

 

 

 

伝統や風習って、縛られた鬱陶しいものでしかない時もある。

 

何十年と続けてきたものから解放されると、せいせいした気持ちにすらなる。

でも、少し距離を置いてから見つめ直すと、それが自分の要素の一つであることを思い知らされる。

 

 

つまるところ、海外を見た日本人が

「日本が一番だ」と口を揃えて言うのも、同じようなメカニズムだと思うんです。

 

 

逆に、日本を見た外国人がAmazing!と言うのは、モダンなシティTOKYOよりも伝統的なKYOTOだと思うんです。(まぁこれは単に私が大の京都ファンだから言うんですけど)

 

f:id:talkovercoffee:20200112214812j:plain



そしてやっぱり、伝統って、美しい。

 

その美しい伝統を守り、継承していくことが、一番のインバウンド観光施策だと思うのです。

 

 

何事も、放棄は簡単/継続は困難。

 

日本に帰ったら、自分の暮らしを見つめ直すところから始めよう。

 

なんて、

 

コーヒーを淹れるところから、よくここまで話が膨らみますこと。

 

 

海外でウケの良い日本人になるポイント

f:id:talkovercoffee:20191201062743j:plain

この題について、誤解を生まないように

うまく説明するのは結構難しいと思って遠慮してきたけれど

持てる限りの言葉を以って、考察してみる。

 

※私は、何事においても「勝因は一つではない」と思っているので、

今回の私の考察も”こうすれば成功できる”と保証するものではありません※

 

 

さて。これまでの私の経験を踏まえて

海外でウケのいい日本人になるのに大事なポイント。

難しいことは言いません、大きく3つ。

 

1.ハキハキ喋る、発音に限りなく注意すること

2.人見知りという概念を忘れること

3.メリハリをつけること

 

1.話し方

コミュニケーションなくして仲良くなることはなかなか難しいので

個人的にすごく大事だと思うポイント。

 

方言が可愛いのと一緒で、適度な日本語訛りは可愛い。

けれど、強いアクセントは聞く側の推測力集中力話し手への愛情が試されるので要注意。つまりちょっと疲れる。

 

 

スムーズに会話ができる相手との方が話したいと思ってしまうのは当然なので、

必要最低限の単語と文法を学んだら、ひたすら音に気を付けるのがオススメ。

 

「分かってるって~」 と言いたくなるのですが 、

RとLの難しさは、少し別のところに潜んでいます。

 

例えば、私たちがよく困る 「Really?」という言葉は

難しくはあるけれど、英語でしか使わないので発音で迷子になることはないでしょう。

 

 

ところが、

「何飲む~?」

『(ん~ ジンライムかな~)I'll take.... Gin...rime? No, rhyme is rHYme, lime!!!!』

ってなってしまったり。

 

 

「ライターって、簡単そうだけど超難しいよね・・・」

『wait, are you talking lighter ? or ...  Writer?』

ってなってしまったり。

 

 

 

2.シャイを克服すること

 

日本では見ず知らずの人に話しかけるのは居酒屋のキャッチと田舎のご老人くらいですが、海外では急な一言二言の会話は当たり前。

 

必ずしも面白い、気の利いたことを言う必要はないけれど、

オープンな人間であることはマイナスにはなりません。

日本語の書かれたTシャツを着ている人を見かけたら、

 

「 (本当に好きかどうかは別として)I like your T-shirt !」と声をかけるのを忘れずに。

 

 

また、スラングはうまく使えば親近感を抱かせるすごく良いツール。

フランスで「メルシー(Merci)=ありがとう」と言う代わりに、

スラングの「シーメァ(Ci-mer)≒あざーっす」を使うと、ほぼ100%笑ってくれる。

 

”うまく使えば” というのも、

英語でF**king~ と言うとCOOLな感じはするけど、

テレビでも“ピー”と音消しが入るような言葉なので、

私はもっとポジティブな言葉を推奨します。

 

・・・例は特に思いつきませんけども。

 

 

 

3.ONとOFF

というかONを作る。

 

話し方、リアクション、表情、全てにおいて、日本の表現は控え目です。当社比。

 

多少オーバーだと思うくらいに表現した方がスムーズです。

 

例えば、個人的に気を付けているのは愛想笑いをしないこと。

日本では意思を汲み取る習慣があるので特に問題になりませんが、

文化や言葉の壁を越えたコミュニケーションになると誤解の元

 

何を考えているのか分からずサイコ感が出る。と、思う。

ハッキリ言えなくて、笑ってごまかしたい時は、

代わりの顔で表現してみましょう。

f:id:talkovercoffee:20191201060127j:plain

 少なくとも何か言いたいことだけは伝わるはず。

 

 

 

文学部卒が大学院でビジネスを学んだら

結論から述べると、極めて大変。日々、自分の無能さを痛感する。

 

f:id:talkovercoffee:20191024031101j:plain

 

 

正直言うと、入学前には

「クラスにはKidsたちがたくさんのはずだから、トップ目指すぞ!」

とか思っていたんです。そんな過去の自分に、いや、ほんまになめんなよ と言いたいわけです。

 

 

今ではすっかり自信を喪失してしまって、

私と同じグループになる人、本当Sorryです・・虫けらですみません・・。と思う。

(虫けらでもなんでもいいから、少しは生産性のあることを言え)

 

 

クラスの構成は、大体こんなかんじ ↓ で総勢45人強。

f:id:talkovercoffee:20191024030754p:plain

 

経歴に関しては、聞いて回っている訳ではないのでざっくりですが。

f:id:talkovercoffee:20191024031825p:plain

 

分野としては、エンジニア(主にインド人)と会計類が多いような雰囲気。

 

 

 

時間割は極めてランダムで、大体週4日。

8時から始まる日が多いけれど、12時から始まる日もある。

 

フランス人は割と時間にルーズと聞いていたけれど、

それを物ともしない、圧倒的なまでのインド人生徒たちのルーズさ。

悪びれるそぶりもなく遅れてくる。

 

 

30分ほど遅れて入ってきたインド人生徒を見て、

カナダ人が『今朝、あいつをバス停で見かけたんだよ。俺は遅れてたから超ごりダッシュで来たのに、あいつなんであんなにゆったり来てんの?コーヒーまで買ってんじゃん(笑)』と笑うくらい。

 

 

私が一緒にグループワークをした別のインド人学生は

成績評価の40%を占めるプレゼンの日ですら、授業が始まっても姿も見えない。

私) Hey! Our turn is coming. Where are you now? Are you still in India? 

インド人) in Tokyo. You?

冗談言ってる暇があったら早く来なさいよ(笑)

 

 

 

さておき。上期の授業の内容としては

◇国際マーケティング(個人 / グループワーク)

地域や情勢を加味して効果的なマーケティングを学ぶ。

 

 

グループに分かれて独自のビジネスプランを作り上げる。

ターゲットは誰か、顧客のどんな問題を解決しうるか、競合他社は?リスクは?価格は?

何よりも難しいのは言語や習慣の壁を越えて、チームメイトたちとうまく課題を進めていくこと。

ここへきて、自分がビジネスに使うような英語を全然知らないということに気づかされた。

 

 

◇ファイナンス (個人/グループ)

貸借対照表や損益計算書の作り方、数字の動かし方を学ぶ。

そもそも会計の知識がない人間が、英語でファイナンスを行うのは本当に難しい。

とは言え、クラスメイトの半分近くもファイナンスのバックグラウンドはないので

みんなで迷子になっているわけですが。 

 

 

◇国際政治学 

リアリズム、リベラリズムを筆頭とした考えを学び、

今の世界で起こっていることの理由や背景を学ぶ。

中国のめざましい発展のメソッド、アフリカの今後、米中の貿易対立、今後の世界の行く末などなど。

 先生が知識の塊/エネルギーの塊のため、毎度ものすごい情報量を処理しきれない。

 

 

 

 

冒頭に書いたように、本当に無知を痛感しているのだけれど、

全てにおいて 「知ってたら学校来なくていいもんね!知らないから学んでるんだもんね!」 と言い聞かせて精進しております。

 

f:id:talkovercoffee:20191024033604j:plain